• upsanddowns0116

$$貯筋$$

最終更新: 11月6日




みなさんこんにちは。

柏店の永井です。



昨今問題視されている

ロコモティブシンドローム運動器症候群

ロコモ肥満の予防策としての貯筋が推奨されていますね。



健康寿命の延伸、転倒による寝たきりのリスクを減らすため

抗重力筋やバランス能力を鍛えましょうと言われています。



UPS&DOWNS柏店では運動器としての貯筋は勿論、

代謝器官としての貯筋を推奨しています。



一般的に筋肉は1㎏あたり1日13㎉の消費能力を持っています。


筋量が

10㎏ならば1日130㎉

20㎏ならば1日260㎉

30㎏ならば…


となりますが

筋力トレーニングをコンスタントに行っている場合は

除脂肪量の増加1㎏あたり約50㎉代謝量が上がったという

研究結果が2009年に発表されています。


この差異はトレーニングを行うことで起こる交感神経、ホルモンの働きを活性化させる

効果によるものだと言われています。


つまり同じ筋量でも

トレーニング群と非トレーニング群で

代謝能力に大きな差があるのです。



痩身や運動機能の改善のためにも運動を習慣化しましょう!





3回の閲覧

最新記事

すべて表示

食事回数を増やすと体脂肪が減少傾向になる?

こんにちは、パーソナルトレーニングジムジムUPS&DOWNS柏店です。 近年モデルの方やアスリートの方に推奨されている食事回数を増やすことで期待できることは? ただ食事の回数を増やせば良いわけではないので、下の内容をよくお読みになって実行に移してください。1ヶ月間でいいので3食スタイルから5食スタイルに変更してください。みるみる内に体のラインに変化が生まれます。ダイエットは楽しんで行うものです(^

千葉柏市のパーソナルトレーニングジム・パーソナルトレーニング -栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正  

© 2023 by Name of Template.Wix.comで作成したホームページです。