• upsanddowns0116

テストステロンコントロール①




みなさんこんにちは!

UPS&DOWNS柏店店長の永井です。




筋肉を増やす際に重要な要因である

テストステロン」 

ですが



今回このホルモンをコントロールする方法を

札幌のおばあちゃんに教えてもらいました。




ポイントは大きく分けて


「トレーニングメニュー」 「食事」 「体脂肪率」


の3つになります。





はじめにトレーニングメニューですが

高重量を扱う

これに尽きます。




まずトレーニングによる筋肥大を狙うために

テストステロンヒト成長ホルモンが重要になります。




筋肥大用トレーニングの変数として

 10RM×3set とよく聞きますが

実はここにテストステロンが深く関係しています。




高重量に強く反応する「テストステロン」と

高回数に強く反応する「ヒト成長ホルモン




この2つの性質をクロスオーバーさせた妥協点である組み方が

 10RM×3set なのです。




しかし、10回以上行った方がヒト成長ホルモンは反応し

10RM以上の重さを扱った方がテストステロンは反応するので

10RM×3setの組み方はとても不完全と言えます。




なので先ほど述べた通り高回数、

つまり1~5RMの重さをメインにセットを組むことで

より多くのテストステロンを反応させられるのです。




この様にトレーニングの目的を明確にし

種目特性を理解したトレーニングメニューをプログラミング出来れば

効率良く筋肥大することができるのではないでしょうか。



2回の閲覧

千葉柏市のパーソナルトレーニングジム・パーソナルトレーニング -栄養補給アドバイス - ダイエット - 筋肉増強 - 姿勢矯正  

© 2023 by Name of Template.Wix.comで作成したホームページです。